ニセコオートルート

日付 2018/04/14~4/16(*) 天候  参加 越野 他1名***、***(投稿) アルバム :越野                


今回以前から山を共にしてきた札幌在住の知人(66歳 男性K.Y氏 無組織)とニセコ連峰のスキー縦走に行って来た。北アルプスに日本オートルート(室堂~上高地)があるのは知っていたが、ニセコオートルート(ニセコアンヌプリ~岩内岳)は初耳であった。この時期はさすがにオーストラリア人の姿は少なかった。このルートは毎年この時期ガイドツアーが盛んな人気ルートとのことである。

4/14  天候 曇りのち雪
    10:00札幌→13:30アンヌプリスキー場→ゲレンデトップより下山→16:00五色温泉

札幌駅からバスにてニセコアンヌプリ国際スキー場へ向かう。計画ではアンヌプリ山頂から北東斜面を滑走して五色温泉へ向かう予定であったが、ゴンドラを降りてシールをつけおえた時点でスキーパトロールと出くわす。山頂にゲートが設置してあるらしく、本日は閉鎖されているとの説明を受ける。比羅夫スキー場からのゲートは開放されているらしいが時間的に厳しいので、仕方なくゲレンデをそのまま滑走し下山となった。下山しタクシーにて翌日の起点となる五色温泉へと向かった。
                                                                        

                   起点となるニセコアンヌプリスキー場
ガスのかかった羊蹄山(蝦夷富士)

4/15  天候 小雨→小雪 
   10:00五色温泉→12:00二トヌプリ→14:00チセヌプリスキー場跡→15:00湯本温泉

予報通り朝からガスが濃く小雨がパラついている。天気も悪いので遅めの出発とする。風はさほどない。視界は20mくらい。

前泊した五色温泉
この日のツアーパーティは我々のみであった。雪質は湿雪でやや重い。縦走なので登りやトラバースに終始する。明日は天候が回復する予報なので湯本温泉に投宿する。

              
                 道路の除雪もまだ進んでいない チセヌプリ登山口付近

4/16 天候 晴れ→雪

5:30湯本温泉~8:00シャクナゲ岳~白樺山~10:00新見峠~13:00目国内岳~14:30岩内岳~15:30岩内~バスにて札幌

今日は午後より小さい気圧の谷が通過する予報が出ているので早立ちとする。視界もよく快晴の中出発する。チセヌプリスキー場跡のゲレンデを快調にシール登高する。稜線に出ると北西風が顔面を刺し冷たい。白樺山まではなだらかな登りが続くため多少の下りもシール装着のまま滑降する。

チセヌプリスキー場跡
ガスのかかったチセヌプリをのぞむ
北緯43度の霧氷 標高は1000mに満たない
無木立ちのシャクナゲ岳 
白樺山より日本海
 
この先目国内岳の登高あたりから予報通りガスがかかりだし、山頂に着くころには吹雪と化し視界は10m程度となりGPSから目を離せない状況となる。目国内岳からの下りも本来であれば5分もあれば湿原地帯まで下れるのだが、シールを装着しGPSで確認しながらのため30分以上を要した。この下りは登り以上に足腰に過度の負担を要し非常に疲れた。
 
 
ガスの中 岩内岳登頂
岩内へ向けて
岩内岳中腹あたりから視界が開けてきたので、シールを外し滑走する。今回唯一快適に滑降したのはここだけであった。下山後バスにて札幌に戻り、打ち上げをして翌日のフライトで帰京した。今回はパトロールとの遭遇や悪天候が続き思ったようなツアーができなかったが、機会があれば再来したい。

広沢寺 マルチピッチトレーニング

日付 2018/04/14(土) 天候 曇り 参加 伊三雄、渡邊、抱、瀬沼、久米、冨沢、海保、大熊、濱野、
                        落合、鈴木(智)、早川、武藤末(投稿)

天気予報があまり思わしくない中、東丹沢の広沢寺の弁天岩にて岩トレを行った。
外岩でのクライミングが初めての、濱野さん、落合さんと怪我から復帰した大熊さんも参加して
総勢、13人で行った。

初心者は、右側の岩場でトップロープにて、エイトノットでハーネスにロープを結ぶところから、
始め、岩に慣れることからはじめた。

GW、剣岳の難ルートに挑む、渡邊・抱組は、慎重にアイゼン+バイルで岩登りの感覚をつかんで
いた。
二人とも、アイゼン、バイルを屈指して、安定したクライミングをしていた。

信大山岳部出身の鈴木(智)君も、海保さんの指導の下、慎重にクライミングを行っていた。

怪我からの復帰3ヶ月ぶりのクライミングの大熊さんも、リードにチャレンジ、安定したクライミングを
行っていた。


10:00を過ぎると徐々に他パーティーが登攀を開始してきた。
午後からは、対岸の岩場に場所を移動して、5.7~5.11aを皆で試し、賑やかに登る。


夕方、17;00頃にポツポツと雨が降り出し、引き上げに!
朝早くから、夕方まで、存分に楽しみました~お疲れ様でした。

2018/04/14 小川山 砦岩

日付 2018/04/14(土) 天候 晴れのち曇り 参加 ユーセイ(CL)、竹ちゃん、サキミヤ、安井ちゃん、つか(投稿)
GWヨセミテ遠征前々の週末が大荒れ予想で土曜日日帰り。
今回はユーセイの希望で砦岩。駐車場からは道迷い含め1時間強のアプローチ。
岩場の上に雪田あり!?「密林のマドンナ5.10d」滝となっていた。


11時近くになり2チームに分かれスタート。
 男子チーム:飛び出せ青春3ピッチ 5.10a
 女子チーム:シャイライツ~パンク2ピッチ 5.9

 飛び出せ青春1ピッチ目
レイバックが使えるのでほぼ問題無し。


隣のシャイライツ~パンク1ピッチ目頑張る安井ちゃん
飛び出せ青春の1ピッチ目終了点から↑も↓も


こちらは飛び出せ青春の2ピッチ目のちょっとしたスクイーズチムニー

3ピッチ目つか取付くもののチムニー奥に入り過ぎ身動き効かず立往生。ユーセイに交代し外側から無事突破。

いあやー登られてないルートのため苔や泥埃に塗れながらだったが、みんなたまにはこーいうのやらなきゃねと大満足。クライミングはグレードだけじゃないんだよねー!!
「瑞牆本」が出た今となってはあえて砦岩に来るトラッドクライマーいないんだろね?

岩峰上の終了点に出ればこの笑顔。


1本ずつ登り終え段階で大きく昼を超え、あとは「アパッチハング5.10c」「佐久の口笛5.10c」で遊んで終了!!

来週末はヨセミテ遠征前の最終調整、、、 好天を期待!!

P.S.
帰宅後調べたら砦岩は2005/9月以来の再訪でした。
佐久の口笛(1ピッチ目)はランナウトが厳しい好ルート、ポケットマントルより怖いなんて書いてありました。許せよ女子チーム

他にオフロード(1ピッチ目)、巨石伝説(1ピッチ目)登ったらしいが一切記憶にありません。





















2018.4.8(日) 山梨県 太刀岡山 Enjoy the climbing

天気:晴天(北風でめちゃ、寒い1日だった)
メンバ:CL、武藤(末) 柴田 渡部 斎藤 瀬沼 安波 久米 信さん 河野(雅)
      拝原 伊三雄(投稿)
アルバム:https://photos.google.com/share/AF1QipPgn-RFNMS_PuAwfWw4wQuC42USKRlhLWlGEJ2L3ne2Owi8oEthv5Ov6btMZgSgEQ?key=OEdKc0gwVU94OTZReXdMOUJKS0Zrb0I1bHlQc1RB
 

武藤さんの呼びかけで11名で山梨県の太刀岡山でクライミングを楽しんできました。
天気は良かったのですが、寒気の影響で冷たい風が吹き寒い1日でした。



下部岸壁(メイン)で各自、思い思いのルートを次々とアタックしました。
オンサイトが次々と出ていました。 (゜-゜) 素晴らしー!!


僕は、大好きな左岩稜に久米さんとアタックしてきました。
今回で4回目ですが何回登っても充実感があり楽しいルートです。



寒かったけど、楽しい1日でした。
やは り、Enjoy the climbingですね!
翌日は筋肉痛で大変でした。( ´∀` )(トレーニング不足かな?)

三つ峠マルチ ロープワーク練習

日付 2018/4/5(木) 天候 曇り時々雨、霧  参加 (CL)早川、安井(投稿)



ヨセミテ遠征を前にマルチのロープワークに慣れるため、早川さんに講師をお願いして三つ峠へ!

とりあえずまずは登ります。(適当で登ってしまったのでルートの説明は割愛)


ヨセミテではハンギングビレイが多いとのこと。
ということでテラスはあるものの敢えてカムで支点どり&ハンギング状態に。




ハンギングビレイって結構腰にくる~。これは慣れですね ^^;


懸垂下降一つにしてもロープの流れを考えて下りるルートを見極め、どこでピッチを切るかなど考えるポイントはたくさん。ロープの投げ方ももう少しうまくならなくては。
下までうまく落とすのって難しい!



ロープ2本を用いた懸垂下降も実践。
(以前に海金剛でもやりましたが、今回は自分でセッティング)

下まで降りたものの、上でロープがスタックし、ロープが動かなくなるトラブル有り。やはり一人目が降りた時点でロープが動くか確認するのは大事ですね。
結局登り返すことに。
(以前に鈴木さんに教えていただいた登り返しが早速役立つことに)




最後はビレイ器を落とした場合のカラビナを使った下降も練習。第一バンドから天狗の踊り場までを2往復して今回は終了とします。


全体を通して、ロープの流れやスタックで下降時に手間取ることが多く、まだまだ経験が必要そうです。
基本の動作はもちろんですが、トラブル時の迅速な対応力も大事ですね!

早川さん今回はご教示いいただきありがとうございました~!