2018.1.14(日)群馬県 赤城山(駒ケ岳~黒檜山)雪山登山

メンバー:CL武藤末久 富澤 伊三雄(投稿)
天気:晴れ

行程:5:00藤沢出発(武藤車)⇒海老名IC(圏央道)⇒鶴ヶ島IC(関越道)⇒前橋IC⇒おのこ駐車場(8:10)~駒ヶ岳登山口(8:18)~尾根道(8:55)~駒ケ岳(9:10)~黒檜大神(10:00)~黒檜山山頂(10:06)~撮影ポイント~黒檜山山頂~黒檜山登山口(11:10)~赤城神社(11:30)~おのこ駐車場⇒下山


武藤さんからの誘いで群馬県の赤城山に行ってきました。
ヨセミテ登山があるのでクライミングのトレーニングを考えていましたがやはりこの時期は雪山の魅力に勝てません。赤城山を登るのは初めてですが最高に楽しい登山となりやっぱり行ってよかったです。ジャミングtrainingをぼちぼちやりながらアイスと雪の山へ当分行きたいと思います。

おのこ駐車場

駐車場に着いたときは強風で今日は思っている以上に厳しい登山になると思っていました。




駒ケ岳登山口から急登を登ると樹氷が出てきて日の光でピカピカして綺麗でした。


尾根上に出ると青空が広がり樹氷とのコントラストが最高でした。風も弱まりこれから出会える風景が楽しみです。



雪の登山道は歩きやすくいいペースで進みます。
先に見える山が駒ケ岳です。
駒ケ岳山頂で写真を撮って一休みしました。



霧氷を楽しみながら黒檜山(赤城山)へ

黒檜山(赤城山)の山頂です。多くの登山者でにぎわってました。



黒檜山山頂から少し戻って黒檜山登山口に向けて下山します。
下に大沼が見えますが全面凍結しており、ワカサギ釣りでにぎわっています。




下山後、おのこ駐車場までの間で大沼の氷上を歩き、赤城神社で2018年度の山岳会の安全祈願をしてきました。
帰宅途中では富士見温泉見晴らしの湯で汗を流しました。
充実した1日となり武藤さんと冨澤さんに感謝します。

2017.12.17 城ケ崎 カメノテ

日付 2017/12/17  天候 ポカポカ  参加 宮崎、安井、安波、ガンマー(投稿)



心は乙女なので、特別に女子会クライミングに参加。

ダイビング店の駐車場に停め(1000円/day)JAを目指し歩く。
JAからちょろっと歩いてお高そうな民家横のちょっとした竹林を下るとすぐに浜に降りられる。
浜に降り、海方向に向かい左の岩に沿ってグルッと回り込んでいくとある。
足場はこんな感じなので分かりやすい。

100岩場に無いエリアですが2人組がいて貸し切りではなかった。

晦日5.8
パッと見たら・・・5.8??と思ったダブルクラック。
私は登ってないのでどんな感じか分からない・・・あれ?登ったっけかな(^_^;)?

 

 

 ドラゴンフライ10a★
基本的には手も足もあったかな?この抜けだしが怖かった・・・。
ここのカムの決め方もミソか。


ニコちゃんジャム?
5.9とのことだが・・・あまりにも簡単すぎたので良く分からない。出だし核心?。




良いよっ!決まってるよ!!
普段はバカにばかりしているが、今日は女子会なので心にもない言葉で褒め合ってみようと思う。


バンブー対岸 フィンガークラック10c★★

10cながらも超厳しい!!!でも★★納得の楽しいクラック!
トップアウトはしたが、いつレッドポイント出来るか分からない。
フィンガーのトレーニングには良いだろう。
抜け口はガバガバだが、鍋割ボッカで左腕が麻痺し握力が20㎏ちょいしかない私には一番の核心だった・・・。
錫杖の見張り台以来、久々に本気で落ちれない・・・と思った。
でもたぶんまたやりに来る。この為に来ても良いかな(^^)

リードガンバ!
やっぱりトラッドは怖いけど、リードで強くなる(と思う)。


暑中見舞5.8はグレード以上に簡単すぎたかもしれない。
でもだからこそ確実に落ちずに登れることが大切だろう。




アプローチの良さ良いし、フィンガークラックも良い。足場の良さもカムの決まりも良い!
トラッドは怖いが、なんだかんだで落ちることはなかったように思える。


本数は少ないが私のように10台をうろついているクライマーにカメノテは良いかと思う。
フィンガークラックは1度触れていただきたい!

2018.1.7 城ケ崎 門脇崎

日付 2018/1/7(日) 天候 晴れ 参加 竹沢(CL)、塚越、伊三雄、安井、安波、ガンマー(投稿)
アルバム :







吊り橋の近くから大岩を支点に懸垂下降。
ロープ残置。観光客や子供にいたずらされなければいいのだが。






「ぼら納屋クラック」 5.8
引き潮でもビレーヤーとロープはびちょ濡れ確定!
アームがバチ効き!5.8ながらも、ちょっと冒険心をくすぐられる楽しいルート。


「スカイラブ」 10a ★
手はバチ効き!バラエティーに富んでいて★も納得。
変な所に支点をとってしまいスタックでオンサイトならず。 
観光客ものぞき込み興味津々。上に上がると20~30人居る(^_^;)

「ジェラシー」10b
スカイラブの左側。写真はないが出前一丁しながら身を乗り出すのが核心か!?
核心後はホールドもスタンスも悪くなく、背中や後ろ脚でズリズリしながら越えた気がする。
落ちはしなそうだがトップロープのくせにドキドキした。


シャンプー10c
取り付き:手はないがスタンスはあり、際どいヘツリでも取り付けるものの・・・
リードで行くにはちょいリスキー。トップロープで。沢ヤならチャレンジ!?
落ちはしないが下部はプロテクション取りづらくリードは怖さが出るだろう(落ちても海だが)。
1手核心。女の子には辛いみたいだが男性は簡単。全員ノーテン&トップアウト!
あっ、、、失礼。伊三雄さん以外の話ではあるが。

リンス10c
シャンプー登ってから岩角利用しロアーダウンで取り付く。
トップアウト出来なければ戻れず海ポチャ?



ホシナクラック11d★★★
登れないのは分かっているよ。しかし取り付きもがいてみる。
どーにもならないグレードだが、★★★をトップロープで出来るのは
門脇崎の貸し切りバンザイ!


日光浴のトド&アザラシ達
 
 
トド
 
何故か常に一人びしょ濡れのトド
 
荷物を背負っての懸垂もバランス悪いが登り返しも難儀。

ファミリーとカップルに交じって帰路に着く。
駐車場から近いのが良い。


※シャンプー取り付き
※シャンプー 回収

2017/12/29-2018/1/1 槍ヶ岳 中崎尾根



日付 2017/12/29(金)-2018/1/1(月) 参加 竹沢(CL)、塚越、中村、早川(30日から)、宮崎、安井(投稿)


●12/29 (1日目) 天候:曇りのち雪
8:00新穂高~滝谷避難小屋~15:20槍平


冬合宿初日!気合を入れて新穂高駐車場を出発です。
しばらくは緩やかな車道を歩きます。
トレースはしっかりあるのでラッセルはなし。
山道に入ると時に肩の高さまで雪があるものの、トレースのおかげで問題なく抜けられます。
トレースがなかったら新雪に溺れること必至だったことでしょう。
途中、ワカンを履いたほうが歩きやすいだろうということでワカン装着。

私は前週に初ワカンのトレーニングしておいたおかげで先週ほどの歩きにくさは感じません^^
一方で生い茂る木々で視界は開かず、目指す槍平は一向に見えないまま延々と歩きが続きます。

ようやく槍平に着いた頃には15時を過ぎており、ラッセル無しにも関わらず予想より遅めの到着です。(完全に私のペースが遅いせいなんですけど!)

テントを張ると宮崎さんによる超高級肉すき焼きを堪能♪
肉は早い者勝ちで瞬殺!
夜からは雪と風が強くなり、明日6:00に合流予定の早川さん本当に来れるかな?なんて言いながら初日は終了です。


●12/30 (2日目) 天候:晴れ
6:45槍平~11:00尾根上


起床しテントを出てみると夜の間にすっかり雪が積もっています。
そして早川さんは6:00になるも現れず、先に出発しようとしていた矢先に到着!
聞けば前日の23:30に新穂高に着いてから雪の中、トレースなしで不眠不休で登ってきたとのこと!すごい!

ということで全員が揃い出発です。
夜の雪で今日こそラッセル!と気合を入れるも、前パーティーがすでに出発しており、またもやトレースばっちり。
ただ、私の苦手な急登が続いたので、個人的にはラッセルなくて助かりました^^;
その後、先行パーティーに追いつくも、先行パーティーのみでラッセルを回しているため順番が回ってこない!

痺れを切らした単独のお兄さんが新規ルートを開拓し、私たちも後に続きます。

しかしこのお兄さんが強すぎてラッセルの後ろを追いかけるも私は追いつけない~。
結局この日も茅ヶ崎メンバーのラッセルは少しだけ(笑)
そしてテン場をどうするか悩み、肩の小屋まで行くことも検討しますが、時間と体力を考えて尾根上で留まることに。
時間はだいぶ早めの11:00。なのでテン場作りは入念に。

やがて東洋大の山岳部が下りてきたので話を聞くと、先へ進んだパーティーはほぼ肩の小屋まで到着しているとのこと。
居残り組は僅か2, 3パーティーというところ。
明日は午後から天気が崩れるという予報だし進まなかったのは失敗だったか?と不安がよぎります。
皮肉なことにこの日はド快晴。。。
そこで、夜は皆で入念に明日の天気予報をチェック。
結果、午後から崩れるとのことだったので、朝早く出発して昼までにテントに戻ることを目標とします。


●12/31(3日目) 天候:曇りのち雪
5:30尾根上テント~7:40肩の小屋~9:00槍ヶ岳頂上~10:40尾根上テント~14:00槍平


時間勝負のこの日。早めの5:30に中村さんが先頭となり出発。
風が非常に強く、時に歩くのもままならないほどです。
塚越さんの体感いわく15~20m/sほどとのこと!
山ではよくあるそうですが私は初体験でこらえるだけでも大変。



肩の小屋で5分だけ休憩をはさみ、早々に先を進みます。あともう少し!! 




そして頂上へ到着!やったー!!



視界は良く周囲の風景は一望できます♪





下山を開始後、10分も経たずに視界が曇り始めます。
後、数分遅かったら頂上のあの景色は無かったかと思うと、早く出発したのは正解でした^^
下りは初心者の私は途中ロープを出していただき、慎重に下山。
(バックステップに初挑戦!)
10:40にテン場に帰還し、余裕があったのでテントを回収し、槍平へ移動します。
登頂できたことを喜び合いつつ、竹沢さんお手製の年越しそばで2017年の締めくくりです。


●1/1(4日目) 天候:曇り時々雪
6:30槍平~滝谷避難小屋~10:30新穂高


皆でお雑煮をいただき、新年の幕開け!
この日は初日来たルートを戻ります。
今度こそラッセル!と息巻くも今回もトレースはほぼ残っています。


結局、冬合宿を通してラッセルはあまり有りませんで。
楽になった反面、物足りないような??
新穂高に無事に到着し、その後は温泉でまったり~。

良い年始めとなりました♪
今年もがんばります!!