2015-5-17 三ツ峠

日付 2015/5/17(日) 天候 晴れ 参加 渡邉(CL)、安波、ガンマー(投稿)
Photo Commnent




本チャンに向けてハーケン、カム、ナッツの練習を三ツ峠で。
渡邉さん、安場さん運転ありがとうございました。






午前は道具に慣れ、午後に登りながら実践。
岩場は大盛況。あぶみなど人工の練習をしている方も多かった。








カンカン カンカン キンキン~ キ~~ン・・・と打ち込みます。
ハーケンの練習はここのみ。


午後、ゆっくりしすぎたので荷物はデポせず背負っていきます。



1ピッチ目は東面フェイスの「草溝ルート」
カムの練習が出来るとのことだが、久々のクライミングシューズ&リードのガンマーは余裕なし。
第一バンド手前で思い出しカムを使ってみる(^_^;)





第一バンドをトラバースし





とびっきりに楽しそうなABAさんリードで「T字クラック」







最終ピッチは紅葉おろしを避け「No20クラック」


最後のクラックはザックが邪魔だったがおかげ様で良いトレーニングになりました。

いざ谷川 一ノ倉沢(^^)/

昼闇山山菜山行!!

日付 2015 /5 / 16 -17(土日) 天候 16小雨後曇り17晴 参加 塚越(CL)、水島伊、武藤、丸島、橋元、山口美、齋藤家族(3 名)、大手、荻野、相原、穴井、吉野、 新井(顧問)、梅野(会友)秋元家族(2 名)、青木家族(3 名)、水島一、早川真(投稿) 23 名
参考タイム:アケビ平林道、橋駐車スペース9:30スタート、山頂1班12:50 2班14:00 駐車スペース16:50戻り

 毎年恒例行事の山菜山行ですが、念願かなって今年初めて参加しました。新潟の糸魚川近くのキャンプ場にテントを張り、昼闇山の頂上付近の岩場にある行者にんにくは、最高だよ!!と、毎年聞いていたので、いつかその様子を一目見たいと思っていました。

 天候が心配な事もあり早めに茅ヶ崎を出発しました。
 天気予報的中!!
テントを張り終えた頃に雨粒がテントを揺らす位になり、テント内で待機する事に。もちろん、おとなしく待ってないです。
 一杯やりながら、作戦会議してやむのを待ちました!
 明るくなって…辺りの景色が見えて、懐かしい山村風景に感動♪

なのに、無情にも雨は止まず、小降りになった頃は、もう9時近くになっていました。とりあえず、登山班と、キャンプ班に別れていざ出発!!


すぐに山のとりつき口につくと、さっそくこごみ、ふきのとう、など出迎えてくれて、気持ちが膨らみます。

  その反面、雪山は、初心者で かつ体調も不安がある中参加したので、目標は、幻の行者にんにくをこの目で見る事と、出来れば採取したいとの思いで、なんとか必死で登りました。
 昼闇山は、思ったよりも標高が高く1840 米もあるとは…
途中、登頂班6 名と、山菜班9 名に別れてひたすら谷を行くと、カールが広がりました!
 

 時よりガスで見え隠れするものの山の稜線が見えて、感動しました。

あとは、お目当ての行者にんにくをこの目で見ないと…
後一歩のところで、足が思うようにあがらなくなり、おまけに両足つってしまい目の前にして断念か…と諦めかけたところ、テーピングをしてアイゼンを着けたとたんに、足復活!!

とにかく一目見たいとの思いでしたが、リーダーの下山勧告にちょっぴり寂しさを感じ またリベンジしたいと思いました。
スキーをしたこともあり、比較的に急斜面でもスムーズに降りられ、貴重な体験が出来て良かったです!

 例年よりも、山菜が少なかったようですが、行者にんにく入り餃子、生で食したりとその夜は、数々の料理に舌鼓みし、また、翌日の天ぷらは、最高!!

皆、揚がるのが待ちきれず目線が鍋に集中している姿がなんとも言えなくて…


翌日は、天気も良く、帰りに昼闇山、火打山、焼山、を見てまた来年もこの景色と、美味しい山菜に出会えることを願って帰路につきました



 
※以下山頂班写真






 
以上。
 
メモ
・寡雪が予想されたが、なんと例年になく多かった!!
・入渓点より下も完全に埋まってた状態。こんなの初めて!!
・尾根は融雪早かったが、谷の雪は降った量が多かったため、雪解けが追いついていない模様。
・林道上にも雪に覆われた地点2か所あったが、車で強行突破した。




北アルプス燕岳往復


日付 2015/5/8-9(金-土) 天候 8日晴れ 9日山頂小雪、下界曇り  参加 :宮崎(CL)、山口、荻野(投稿)

CT
5/8 中房温泉下駐車場(7:40)-中房温泉登山口発(8:05)-第一ベンチ(8:40)-第二ベンチ(9:20)-富士見ベンチ(10:45)-合戦小屋(11:50)-燕山荘着(13:40)
5/9 燕山荘テント発(4:15)-燕岳山頂(4:40)-燕山荘テント着(5:40)-[朝食]-燕山荘発(7:20)-合戦小屋(8:10)-富士見ベンチ(8:40)-第二ベンチ(9:40)休憩中:水場(10:05)中房温泉登山口着(10:40)

穂高温泉健康館周辺の駐車場からバスに乗り登山口に向かう予定で準備をしましたが、急遽中房温泉まで車で上がってしまう計画となりました。準備はOKです!
無事準備を済ませて、いざ登山口へ、燕岳へ向けて記念撮影。
初めは丹沢尾根を歩いている気分、ヒノキの根が張り出した道が魅力的でした。

次第に雪の付いた周囲のアルプス尾根を望む素敵な風景へと変わっていきます。
道に残る雪もふえてきました、
アイゼンを履きはじめる方もいましたが、雪のないいわばも点在し、アイゼンを履かなくとも歩くことができました。
合戦小屋到着です。この周辺から足元は雪で覆われる山道となりました。
ここからは急登がはじまります。
燕山荘まであと一息
燕山荘到着、ぐるっと回って玄関がありました。
燕山荘到着
テント場申し込みを済ませて
日も高く青空の下テント張りです。
テントを張って一息、青空の下で腹ごしらえ。宮崎さんの行動食が豪華でお裾分けいただきました。
テントに戻り、一休みテントから見る青空は最高ですね!
そんなこんなで乾杯!
そして昼寝
昨日は徹夜で運転をしてきましたから、でもこの山頂での昼寝がたまらなく気持ちいい。
外では山荘スタッフさん?が階段づくりに精を出していらっしゃいます。
そして真っ青な空、白い雲
  
夕食は餃子鍋をいただきました。新鮮野菜たたっぷり鍋で、 ダシもきいていてとてもおいしい。
 
夕食を済ますと外は夜景が広がり始めました。下界の明かりや、空の星が素敵でした。も
流れ星も。
8時ごろ就寝。明日は燕岳登頂とご来光を願って。
翌日に
り予定通り燕岳山頂に向かって起床。出発!
4時 空も白らんじてきました。シャッタ-スピ-ドの関係で写真上は幻想的に見える燕岳。
こんなところも通過し
山頂登頂!!2762.9m
さすがに周囲のアルプスの山々が素晴らしかったです。ちょうど北アルプスの中央に位置する場所でしょうか。
日の出時刻4時37分ちょうどごろ登頂したのですが、残念ながら太陽は厚い雲の中でした。
槍ヶ岳も白馬方面も山並みが続きます

テントに戻って朝食です。
オニオングラタンス-プとなんと昨日作っておいたパンプディングがデザ-トにつきました。
どれもおいしい!本当においしい。
今日も活力あるいい歩きができそうです。
とはいえ、燕山荘を出るころから小雪が吹雪化してかなり寒い。
雪は合戦小屋下あたりから雨に変わり 雨も降ったり止んだり。
第二ベンチまで下ったころには雨も上がり晴れ間も見えてきました。
第二ベンチこんなお花も可憐です。
第一ベンチ 水場との表示あり。
行ってみると湧水見られる
 
その少し下には温泉の源泉もありました。
中房温泉下山。登山口にある中房温泉で汗を流して、車で帰路(昼食)へと向かいました。途中お猿のグル-プ
 
下山したこの日は ふふっ ペンションを利用させていただきました。肌寒い日だったので、暖炉に灯がともっていました。夕食もおしゃれな家庭料理で、くつろぎのひと時を過ごさせていただきました。
 
お疲れ様でした。楽しい女子山おわり。次の日、実はクライミングです。